住んでいた賃貸マンションは、子供が産まれると引っ越す人が多かったのです。今は子育て賃貸住宅があるようです。
ウォーター?ドロップ?クォーツ - 2/19の誕生花

子育て賃貸住宅というすまい

結婚して賃貸マンションに住んでいました。住居人は同世代の共働き夫婦か、高齢夫婦、独身サラリーマンでした。子供の声はほとんど聞こえず静かなマンションだったのです。隣りに住んでいた夫婦は2年後くらいに子供が産まれ、すぐに引っ越ししていきました。3階に住んでいたのでベビーカーの上げ下ろしや、子供の荷物を運ぶのが大変だったということです。それに皆子供がいない世帯なので夜泣きなどの声が申し訳なく思い、住みづらくなったということです。近くの大きな分譲マンションに引っ越ししていきました。分譲マンションなら子供が沢山いたようです。

私も子供が産まれたことをきっかけに、一戸建てを購入しました。毎日のようにはいる分譲マンションチラシや、売り土地のチラシをよく見るのですが、その中に子育て賃貸住宅というのが紹介されており、興味深く見てみました。子供を持つ家族が、安心、安全、快適に暮らせるように工夫がされていたのです。室内も室外も階段ではなく段差がないので、ベビーカーで移動がしやすいのです。玄関ドアがスライド式であったり、階段には通常の手すりとは別に低い手すりも付いています。子供を持つ世帯が入居するので親子共々仲間が増えそうで、楽しく安心な住まいであると驚きました。一度入居してみたいと思いました。

Copyright (C)2018他店舗展開の不動産屋で賃貸を探す.All rights reserved.