銀行と賃貸には、1つ共通点があります。それらを利用する時には、人々はお金を預けるという点です。
ウォーター?ドロップ?クォーツ - 2/19の誕生花

賃貸と銀行には預けるという共通点がある

日常生活にて、私たちは銀行のお世話になる事は非常に多いものです。毎日のやり繰りをする際には、銀行口座からの引き出しなども必要になります。そうかと思えば、振込などもそうです。家賃は毎月振り込まなければなりませんし、給料受取の為にも銀行のお世話になります。ところでその銀行と賃貸には、共通点が1つあります。

結論から言えば、どちらも預ける必要があるのです。まず私たちが普通預金の口座を利用する為には、お金を預けていなければなりません。1円でも入金をしておかない事には、口座がアクティブにならないのです。賃貸にも、それと似たものがあります。物件の契約時です。物件を契約する段階では、必ず仲介会社などに対して一度お金を預ける事になります。不動産会社に預けるだけですので、最終的には戻ってきますが。それと借り家の場合は、保証金があります。外国ではデポジットと表現している事もあります。保証金も、物件の退去時には戻ってくるお金です。つまり借り家を利用する場合、人々はお金を預けているのです。それはどこか、銀行にお金を預ける事に似ています。つまり賃貸と銀行は、預けるというシステムが共通している訳です。一見すると全く関係ない2つですが、そのシステムにはどこか類似性があると思います。

Copyright (C)2018他店舗展開の不動産屋で賃貸を探す.All rights reserved.